お祝いギフトとしてカタログギフトを贈ることはタブーと思っていましたが、実際に受け取ってみて良さがわかりました。

みんなが満足 お祝いギフトのカタログ

みんなが満足 お祝いギフトのカタログ

カタログのお祝いギフトは受け取る方の喜ぶ顔が見える

結婚や出産、新築などのお祝いギフトにカタログギフトを選ぶ方も多いと思います。私はまだカタログギフトについてあまり知らなかった頃、カタログギフトなんて貰っても嬉しくないのではないかと思っていました。なぜなら、受け取った側が好きな商品を選べるなんて、贈る側の気持ちが込められていず、選ぶ手間が省けるからカタログギフトを贈って好きに選んでもらおうという意味だと思っていたからです。

しかし実際に自分が結婚、出産を経験したり、周囲の友人や親戚のお祝いの時にカタログギフトは重宝するものだと思いました。まず、実際に自分が始めてカタログギフトを受け取って、こんなにも沢山の商品の中から選ぶことができるんだと感動し、カタログの中からどれを受け取るかとても悩みカタログを見ているだけで飽きないという状態になったからです。人の好みは人それぞれです。私はお祝いギフトとして贈るならこれが良いと思っていても、相手にとってそれはあまり嬉しくないものかもしれません。もしかしたら既に持っていて重複しているかもしれません。自分は甘いものが好きでも相手は苦手かもしれません。でも、お祝いギフトを受け取ったほうはそんなことは言えず感謝の気持ちを伝えなければなりません。

カタログギフトを贈れば、相手が新生活を始める上で欲しいアイテムが自分の好きなデザインで見つかるかもしれなかったり、食べたいものが掲載されているかもしれません。その人のその時の状況に合わせて自分でチョイスできるので、お祝いギフトとしてカタログギフトを贈ることの意味は私はあると思います。


Copyright(c) 2019 みんなが満足 お祝いギフトのカタログ All Rights Reserved.